• 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
  • 道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット
冷蔵・冷凍便 NEW おすすめ

道の駅さかい厳選!本日の“いちおし採れたて新鮮野菜”セット

販売価格 / 単位 2,000 (税込)/ セット 送料別

数量 / 単位:  / セット

「道の駅さかい』に入荷した新鮮な野菜たちの中から、」その日、特にお薦めしたいものを店長・萩原が約10種厳運し、お値打ち価格でお届け。野村亜由美さんの野菜もたぴたび入ります。

その日に入荷した野菜の中から
特に出来が良いものを厳選してお届けいたします。
(旬のお野菜10種類前後)

茨城県猿島郡境町 あられファーム 野村 亜由美さん
「自分の時間の使い方を、自分で決められる。誰かに何かを押し付けられることがない。農業の“縛りのない忙しさ”が、自分にはあってると思う。」

「私は二人姉妹の妹の方なんです。だから、なんとなく、農業は姉が継ぐんじゃないかと思ってました」という野村亜由美さんは、境町で300年以上も続く農家の14代目です。
一時は町を出て欽食業の仕事をしていましたが、お姉さんがお嫁に行くことになったり、自身が結婚・妊娠・出産を経て故郷に戻って暮らすことを選んだり…と、色々な出来事を経て、農業を継ぐことに。
実際に始めてみると、もともと凝り性だったのか、農家のDNAによるものなのか、今ではどっぷりと農業にはまってしまったといいます。

「農業の基本は両親から教わりましたが、もっと深く知りたいことはネットや本で調べて勉強することもあります。道の駅に野菜を出荷するようになってからは、そこで出会う農家の先輩たちに教えてもらう
ことも多いですね」。道の駅は、お買い物やお食事に立ち寄るお客様達の場であると共に、生産者にとっても交流の場になっているようです。

「美味しい野菜、安心して食べていただける野菜を育てるために、丁寧な土づくりや、農薬を最小限に減らす努力は大前提として必要です。さらに、”目で見て楽しめる野菜“”調理する人がワクワクするようなカラフルで華やかな野菜“を育てたいというのが私のこだわり。
だから、効率が悪くても、少量多品種栽培を続けています」という亜由美さん。デリカテッセン、さかいサンド、さかい鉄板のシェフ達から、「こんなものを作ってほしい」というリクエストが届くこともあるそうで、現在は西洋野菜(特にイタリア野菜)について研究中とのこと。

「主婦だからこそ、調理する側に立ったH線で、野菜料理の楽しさや美味しいレシピもお伝えしていきたい」と、SNSを使って積極的に情報発信もしています。
「農業で一番大事にしていることは?・農業の魅力とは?」…と尋ねたところ、こんな答えが返ってきました。
「まず、本当に美味しいものを作ること。本当に美味しいものを新鮮なうちに届けることが出来てさえいれば、生産者がジタバタしなくても、野菜自身が営業マンになってくれるんです。自信を持って出荷できる野菜を作ること。そのために努力を惜しまないこと。大事なのはそこだけなんじゃないかな...「農業は命を育てる仕事だから、定休8がある職業には無い苦労や天候に左右される心配は、もちろんあります。でも、今日、どこで、どんな段取りで仕事をするのか、自分の時間を全部自分で決められる。そういう"縛りのない忙しさ“が、私にとっては何よりも魅力です。」

そんな亜由美さんの育てた野菜は、『道の駅さかい」の店頭に並ぶとともに、通販の野菜セットの一部として、来店できない方々の食卓にも届いています。



■7大アレルゲン…なし
■配送…冷蔵