• 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
  • 知久牧場のモッツァレラチーズ
冷蔵・冷凍便 NEW

知久牧場のモッツァレラチーズ

販売価格 / 単位 2,500 (税込)/ 個 送料別

数量 / 単位:  / 個

搾りたての新鮮な牛乳を贅沢に使った知久さんのモッツアレラチーズは国の駅さかい」の大人気商品。
すべて手作りで1日に約20個しか作れないため、お届けまでに少々お時間をいただく場合がございます。



【内容量】
100g以上 × 4個

■ 7大アレルゲン…乳
■ 配送…冷蔵
■ 賞味期限…製造日より冷蔵10日

知久牧場 知久 久利子さん
「長時閻ゴトゴト揺られて輸送されたミルクと、搾リたての新鮮なミルクとでは、出来上がったチーズの味が違うんです。微生物ちゃん達は長距離移動が好きじゃないのかもしれません(笑)。」


千葉県野田市の関宿地区で酪農をしている知久久利子さん。家(家族経営の牧場で働き手は3人。その人数で十分に目と手が届く頭数を…と、100頭ほどの牛を飼育しています。
「最近はアニマルウェルフェアがよく話題になりますよね。でも、自由に動き回れるように放牧しておけばそれでいい…という単純な話ではない。そうすると、弱い子は強い子に圧倒されて体調を崩してしまうこともあるんです。1頭1頭の個性を見極めながら育てることが大事。それは、牛でも人間の子でも変わりません。」...それが、久利子さんの酪農スタイル。チーズ作りを始めたきっかけを尋ねると、「生乳だけを手がけていると、出荷したら、そこから先はノータッチなんです。可愛がって育てた牛の大切なミルクだから、お客様の食卓に届くまで責任をもって仕事をしたい、”美味しかった“という声が聞きたい...と思うようになって」とのこと。
更に、美味しいチーズ作りの秘訣について訊くと、「すべての"鍵“は微生物だと思っています。牧草を発酵させた飼料を与えたり、牛たちの腸内細菌を整えるために飼育環境に気を配ったり。そもそもチーズそのものが発酵食品ですし。
微生物が心地よく暮らせる環境を整えることが、牛や人間の健やかさに繋がるし、ミルクやチーズの美味しさの源になるんだと思っています」という答えが返ってきました。

「ワインにテロワールがあるように、牛乳も、地域ごと、牧場ごとに味が違う。様々な形でミルクやチーズを楽しんでいただくため、色々なことを仕掛けていきたい」
「江戸川のすぐそばで、牛たちがのんびりと草を食んでいる。そんな風景を、この地域のシンボルにしたいんです。東京にこんなに近い所に牛がいて、美味しいミルクやチーズを作ってるんだよ...ってことを発信し続けたいですね」という久利子さん。

彼女が手作りしたチーズは、『道の駅さかい』でもすぐに品切れになってしまう人気アイテムです。